岡山市の戸建て住宅、土地、マンションの売却なら

不動産売却に必要な確定測量の重要性と境界明示

土地の売却には境界明示が必要です。買主側からすると隣家(隣地)との境界がはっきりしないままでは購入に踏み切れないものです。通常、隣家(隣地)や道路との間にはその境界を示す「境界標」や「境界杭」がありますが、先祖代々引き継いでいる土地では、いつの間にか「境界標」や「境界杭」がなくなっているような場合がほとんどです。売主側は面倒がらず、買主側の気持ちを踏まえて事前に境界明示が出来るよう準備する必要があります。

1.現況測量と確定測量の違い

現況測量とは?


現況測量は、隣地所有者の立ち合いを行わず、現時点で確認できる土地境界点を元に境界を判断します。費用は抑えられますが、確定されたものではないため、実際に法務局に登記された面積とは異なる場合があるため、結局は売却時に確定測量をする可能性があります。

確定測量とは?

確定測量とは、隣地所有者の立会いの下、正確な面積を測り境界を確定させます。最終的に法務局に登記され測量の成果簿が作成されます。

1.確定測量するべき土地、しなくても良い土地

○確定測量するべき土地
・境界が一部不明の土地
・最後に測量してから年月が経っている土地
・境界杭・フェンス・塀がない土地
・市街地で評価が高い土地
・抵当権を設定しようとしている土地
・相続税を物納する土地

○確定測量しなくても良い土地
・分譲されたばかりで境界が明確な土地
・地方の広大な土地
・土地の価格よりも確定測量の費用が高くつく土地
・行政の承認まで時間がかかる土地

2.確定測量はどうやってするの?
土地の売却を検討している方は、まずはさんぜろ不動産にご相談ください。取引と実績のある土地家屋調査士をご紹介しますし、かかる費用は売却経費として纏めて計上して精算しますので、売却途中に余計な費用負担を考える必要がありません。

3.確定測量の流れ
確定測量は、土地家屋調査士に依頼します。境界立会に時間を要する場合が多いので、出来るだけスケジュールに余裕をもって進めましょう。時期にもよりますが登記を申請するまでに通常1か月半~3か月以上かかります

4.確定測量(境界明示)を失敗しないための注意点
では、実際に確定測量をする際の注意点を考えていきましょう。具体的には以下の2点に気をつければ問題ありません。
トラブルが発生して境界確定に時間がかかってしまうと、土地を売りたい時期に売れなくなってしまったり、売却活動そのものにも影響が出てきてしまうこともあります。境界確定をおろそかにするのは要注意です。

○隣地所有者との関係を良好にする
境界確定には隣地所有者の立会いと境界の同意が必要です。普段から隣人との関係を良好にしておくことが重要です。

○時間に余裕をもって動く
確定測量には1か月半~3か月以上の時間がかかります。土地の売却を検討する場合は余裕を持って確定測量の手続きを進めましょう。

6.まとめ
土地を売るためには、境界をはっきりさせることが重要だと分かりました。売却活動をスムーズに進めるためにも、確定測量を検討してみてください。売主様と買主様が安心・安全に取引きを するためにも確定測量は大切です。

  • 0862303005
  • 受付時間 10:00〜19:00
    (定休日:水曜)
3ZERO株式会社
所在地 〒703-8256 岡山県岡山市中区浜1丁目19-31
TEL 086-230-3005
営業時間 10:00-19:00 (水曜定休)
登録免許番号 岡山県知事(1)第5841号
加盟団体
(公社)全国宅地建物取引業協会連合会
(公社)岡山県宅地建物取引業協会
(公社)全国宅地建物取引業保証協会
(公社)西日本不動産流通機構